エレベーター用語集

読めばためになる、奥が深いエレベータの世界

エレベータに関する用語集です。ここでは、エレベータやエレベータ業界の専門用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問とあわせてご覧いただくと、エレベータメンテナンスのことがよくおわかりになります。

あ行

インジケーター 現在のエレベータのある位置を表示する装置。またエレベータがUP(上昇)、DOWN(下降)しているかを表示しています。エレベータのカゴ内とエレベータの乗場に設置されています。

か行

ガイドレール エレベータのカゴやつり合いおもりの昇降を案内するレールのこと。エレベータ昇降路の最下部から最上部まで垂直に取り付けられる。
カゴ エレベータの人や荷物を乗せる箱。天井、床、壁、扉、巾木、換気扇などで構成される。
ゲートスイッチ エレベータのドアが開いていると、エレベータの運転回路を構成できないようにするスイッチ。エレベータが運転中にエレベータのドアが開くと、ドアスイッチの接点が開いてエレベータを直ちに停止させます。

さ行

三方枠 各階エレベータ乗降り口の枠のこと。両側の縦枠と上辺の横枠で構成される。
昇降路 エレベータのカゴを昇降させるための専用抗。最上部から底部までを指す。シャフト。
出発安全装置 エレベータのカゴの扉が完全に閉じていない場合、カゴが動作しないようにする装置。

制御盤

遠隔監視装置

マイクロプロセッサが収納されており、エレベータ全体のコントロールを行う。エレベータの電動機、エレベータのドア開閉装置、エレベータの信号装置など様々な制御を行なう。

遠隔監視装置 : エレベータに決められた異状及び変調があったとき、指定の情報センター(サービスセンター)へ電話回線等利用し自動的に信号またはデーターを送る装置です。

た行

緩衝器 エレベータの各種安全装置が正常に作動せず、エレベータが下降して昇降路の底に衝突した場合に、エレベータのショックを和らげるための装置。
バッファ。
調速機 何らかのトラブルでエレベータが異常加速した場合、電磁ブレーキを作動させ、エレベータを非常停止させる装置。
ガバナ。
停電灯 エレベータが停電の時、自動点灯するエレベータ専用照明装置。バッテリーが組み込まれている。

電磁ブレーキ

戸開走行保護装置(UCMP)

エレベータを所定の位置に停止させ、その状態を保持させる装置。(制動機)
また、点検・修理のときにエレベータを停止させる装置。
電磁石、コイル、スプリングなどで構成されており、電気を通さない状態だとブレーキがかかり、電気を通すとブレーキがはずれるようになっている。

戸開走行保護装置(UCMP) : エレベータのブレーキの二重化を2009年法令上義務付けられました。ロープ式エレベータには常時作動型または待機型があります、戸開走行保護装置は国土交通大臣の認定取得が必要です。油圧エレベータについても同様す。

常時作動型ブレーキ : エレベータの通常ブレーキとは別にもうひとつブレーキ(同じ構造)を設ける仕組みです。            待機型ブレーキ    : エレベータの通常ブレーキとは別にブレーキが利かなかったときに作動する機器を設ける仕組みです。

は行

ファイナルリミットスイッチ エレベータが正規の減速装置がトラブル等で作動しなかった場合に、エレベータが行き過ぎないよう減速停止させる装置。行き過ぎ制限スイッチ。
非常通報装置 非常時に、エレベーターカゴ内と管理センター(管理室)へ連絡する装置。最近では電話回線(公衆)を利用し、エレベータ内からエレベータメンテナンス会社へ直接通話する装置「エレベータ直接通話装置」もあります。
非常止め装置 エレベータの降下速度が著しく加速した場合には調速機が検出し、レールを強い力で挟みエレベータを停止させる装置。
ピット エレベータが停止する最下階の床面からエレベータ昇降路の床面までを指す。

ま行

巻上機 エレベータを昇降させるモーターとエレベータロープを繋ぐもの。

社長ブログ

老朽化したエレベーターをリニュアール!「モダニゼーション体験」

エレベーター用語集

プランジャー測定対象エレベーターの技術情報

三和エレベータサービス

〒604-0813
京都市中京区間之町通二条上る
夷町575
TEL:075-221-3860(代)
FAX:075-221-3861

サイト内検索

Copyright (C) 2012 Sanwa elevator service co.,ltd All Rights Reserved.